お金借りる際に役立つ情報ポイント4

簡単カードローンの申し込み方法を解説

銀行のカードローンは、無担保・無保証で契約ができる個人向けの小口融資です。 限度額内の範囲で何度でも借り入れを繰り返すことができるため、生活上で足りなくなった資金の工面に利用されます。 そのため契約している人は少なくないのですが、では実際にどうやって申し込みを行うのか、その方法を紹介しましょう。 カードローンの申し込み手段は店頭窓口、無人契約機、インターネット、郵送のいずれかの方法があります。 店頭窓口は各社店舗に出向き、無人契約機は街中の片隅に設置されている契約機にて、インターネットは各社HP上の申し込みページから、郵送は申込用紙を記入して郵送にて送ります。 中でも、一番手間がないのはインターネットによる申し込みです。 最近はPCやスマホなどネット環境は比較的誰でも持っているものですので、一番面倒がないでしょう。銀行でお金を借りるにはさまざまな方法があるので場面ごとに活用できます。 また、ネット申し込みなら即日融資が可能、誰にも知られることなく契約ができる、利用明細をネットで確認できる等のメリットもあります。 ネットから申し込みを行う場合、専用ページにアクセスして申し込むことになりますが、内容に沿って必要項目を埋めていくだけなので難しくはありません。 項目を埋めたら送信し、後は自動審査の結果を待つのみです。 その結果、融資OKならば運転免許証などの身分証明証などを専用のアプリから提出し、確認が取れればカードローン契約完了となります。 難しいことはないので、記入間違いがないように申し込んでみてください。


お金を借りる場合は免許証など身分を証明する書類が要ります

お金を借りる方法でも、特にキャッシングやカードローンは手軽に申し込みができ、しかも融資が早く便利な存在となっています。 この場合、原則として、保証人や担保は必要なく、本人の信用で融資をうけられることが一般的です。 そして融資を受けるためには、まずは審査を受ける必要があり、申込用紙やインターネットなら専用のフォームから必要事項を入力していくこととなります。 申し込みの際には必要書類についても確認しておきましょう。 融資を受ける際に、まとまった金額が必要な場合は、給与明細や源泉徴収票などの収入が証明された書類が必要になる場合もありますが、小額の利用の場合は、そういった用意も必要ありません。 必要な書類としては本人を確認できる書類が必要です。 本人を確認できる書類は様々ありますが、免許を持っている方なら運転免許証を用意しておくと良いでしょう。 顔写真も付いていますので、信頼性も高いと言えます。 本人確認はなりすましを防ぐためにも大事な確認で、これを行わずに融資を受けられることはないと言っていいほど大切な確認です。 そして、バイクや自動車の免許を持っていない場合であれば、パスポートや健康保険証があれば手続きが可能ですので、いずれかの書類を用意しておきましょう。 来店の場合は、そうした身分を証明できる書類を提出して手続きを行いますし、インターネットからの申し込みをする場合は、メールやファックスなどで送付することもできます。